探偵業法について

探偵業法とは、探偵業の業務の適正化に関する法律のことです。
ここでは、探偵業法についてまとめました。

探偵業者の義務

探偵業者は、各都道府県の公安委員会に届出書を提示する義務があります。
また、探偵業者には義務があります。
おもな義務は、以下の通りです。

・書面の交付を受ける
・名義貸しの禁止
・契約内容に関する書面や重要事項説明書の交付
・秘密保持義務
・探偵業務の実施における規制
・従業員名簿の記載
・探偵業届け出証明書の提示
・従業員に対する教育、指導

 

依頼者と契約を交わす場合は、「違法な行為に用いらないこと」、「秘密保持義務があること」など、契約内容について記載した書面をきちんと確認し、交付する義務があります。

 

探偵業開始届出書について

探偵業が施行された平成19年6月1日以降から、探偵業を営む者は、「探偵業開始届け出書」を営業所がある都道府県の公安委員会に提出するよう決められました。

そして、「探偵業届け出証明書」を営業所の分かりやすいところに提示することが、義務付けられています。探偵事務所を訪れた際は、確認してみましょう。

 

探偵業を営むことができない人

探偵業法では、探偵業を営むことができない理由、すなわち「探偵業の欠格要件」が定められています。

探偵業を営むことができない人は、以下の通りです。

・成年被後見人、被保佐人、破産者
・暴力団の構成員、または暴力団を抜けてから5年以内の者
・未成年者
・禁固以上の刑、探偵業法の規定に違反によって、執行を受けることがなくなった日から5年以内の者
・5年以内に営業停止、廃止命令に違反した者
・法人で役員のうち、以上の項目に当てはまる者

 

「探偵業届け出証明書」が探偵事務所にあるということは、上述の条件にあてはまらないことも意味します。というわけで、「探偵業届け出証明書」を確認することはとても大事なのです。

 

探偵事務所がおこなう主な業務

探偵事務所のおこなう業務は、依頼主から受けた相談を解決することです。

たとえば、特定人についての情報を収集し、聞きこみや尾行・張りこみ、調査をおこないます。そして、調査結果を依頼主に報告するまでが、主な探偵事務所の業務範囲です。

探偵事務所がおこなう主な業務は、以下の通りです。

・浮気調査
・素行、行動、身辺調査
・家出人探し
・結婚調査
・信用調査
・債務者探し
・ストーカー対策など

探偵事務所は、捜査権と逮捕権を有していません。

これは探偵法で定められているので、依頼をするときは、その内容に注意してください。

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。