北島智子さん【厚労省関東信越厚生局長】刺殺されたマンション。女性キャリア官僚の悲劇

女性キャリア官僚が刺殺されるという大事件が起こりました。

事故現場となったのは、報道画像から判断するとおそらくこちらのマンションのようです。

高輪タウンハウス高輪アンナ会館

東京都港区高輪2丁目1-13

 

8/12(土) 12:38配信 時事通信

同署はこの部屋に住む北島さんの弟(52)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕。「私がやりました」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は同日午前5時15分ごろ、自宅マンションで北島さんの腹部を包丁で刺した疑い。

同署によると、現場のマンションには弟家族が住み、北島さんは近くの別のマンションに住んでいたという。弟は精神科に通院歴がある。

 

いったい何が起こったのでしょうか?

被害者についてどこまで詳細に書こうか迷いますが、キャリア官僚ということなので公人です。

わかる範囲で調べてみます。

 

北島 智子(きたじま ともこ)

引用:www.kenoh.com

昭和63年に厚生省に入省します。

同年に結婚をしています。

入省当時は残業が多く、1日3~4時間の睡眠時間。

入省したその日の勤務が午前0時過ぎまであって、唖然としたそうです。

女性の上司から「慣れればすぐ楽しくなるからやめないでね」と励まされ、キャリアを過ごしてきた北島さん。

あの頃と、霞が関の職場環境があまり変わっていないのが残念です

だそうです。

 

その後のキャリは以下の通りです。

平成4年 文部省学校健康教育課(学校保健・学校健診)
平成6年 山梨県健康増進課長(母子・精神・老人保健等)
平成9年 厚生省児童家庭局母子保健課(母子保健・周産期医療・生殖補助医療)
平成11年 青森県健康福祉部次長・部長(保健・医療・福祉対策)
平成14年 医政局指導課医療計画推進指導官(医療計画、救急医療対策)
平成16年 厚生労働省医政局総務課・医療安全推進室長
平成23年 新潟県副知事(保健・医療・福祉、雇用、教育、文化、防災等)
平成25年 厚生労働省精神・障害保健課長(精神保健・医療・福祉)
平成26年 環境省総合環境政策局環境保健部長

そして、現職は「厚生労働省関東信越厚生局長」

キャリア官僚は、副知事を務めることもあるのですね。

山梨、青森、新潟など地方の勤務になった際は単身赴任をしていたようです。

 

働く女性に向けて

仕事は大切ですが、仕事だけでは寂しいです。

家庭や子育てを含め、自分がどのように生きていきたいのか具体的なイメージを持っていただくことが重要だと思います。

私たちはそれを出来るだけサポートしたいと思います。

とメッセージを送っていました。

 

趣味はスキーで、山スキーを楽しむほどの腕前のようです。

 

弟は精神科への通院歴あり

精神科への通院歴があるからと言って、それが原因と断言はできませんが、何らかの精神的な部分での問題があったのでしょうか。

皮肉なことに北島さんは、平成25年の厚生労働省精神・障害保健課長時代には、精神保健に関する仕事をされていました。

そのころのインタビュー記事

精神科病院の長期入院患者の地域生活への移行が最大の課題だと思っています。

今年は、こうした患者さんたちの地域の受け皿づくりについて具体的に検討する予定です。

単に医療や福祉の問題として捉えるのでなく、精神障害者の生活の質の向上を目指して施策を進めていきたいと考えています。

 

キャリア官僚とは

北島さんはキャリア官僚でした。

キャリアとは

日本における国家公務員試験の総合職又は上級甲種又はI種(旧外務I種を含む)等に合格し、幹部候補生として中央省庁に採用された国家公務員の俗称である。
(出典:wikipedia)

 

キャリア官僚の年収

亡くなった方の年収を調べるのも気が引けるのですが、公人ですので。

キャリア官僚だからと言って、ノンキャリアとの収入格差が激しいのかといえば、若いころはそうではないようです。

初任給は普通の公務員と大差はなく、残業代を加えても20~25万円(月額)程度で、年収では350~400万円でしょう。

入省後、順調に出世をしていくと

係長 → 課長補佐 → 企画官 → 課長 → 審議官 → 局長 → 事務次官

官僚の最高地位は事務次官。

 

北島さんは局長でしたが、この局長からがいわゆる「官僚」と呼ばれる人たちです。

課長まではほぼ横並びに出世をして、その後実績に応じて差がつき始め、出世争いに敗れると外郭団体へ、いわゆる天下りしていきます。

 

最終的に、事務次官になれるのは、同期入省の中で1名と言われています。

52歳で局長というのは、見事な出世コースだったのではないでしょうか。

 

気になる年収は、課長以降にキャリアとノンキャリアの差が大きくなっていくようです。

企画官 約900万円
課長 約1100~1400万円
審議官 約1500万円~1800万円
局長 約1800~2000万円
事務次官 約2500万円

 

固定ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。