探偵社と興信所の違い

探偵事務所の名前を注意してみると、「探偵社」という会社と、「興信所」という会社があると思います。
ここでは、探偵社と興信所の違いについてまとめました。

 

探偵社および興信所の歴史

明治維新後、殖産興業の名のもとに商工業が盛んになりました。商業活動をおこなううえで、取引先の信用調査などの需要も増え、数々の「興信所」が誕生しました。
1892(明治25)年、大阪において日本で最初の興信所である「商業興信所」が誕生しています。

探偵のほうは、1895(明治28)年に、岩井三郎が東京日本橋に「岩井三郎事務所」を設立しています。岩井三郎は、警視庁に入庁後、刑事として数々の事件にたずさわった後、捜査主任を退官して探偵になりました。

 

ルーツとしては、探偵社は「個人の調査」が目的(初期は警察の捜査の補助もしていました)、興信所は「会社の信用調査」が目的でした。

しかし現在は、探偵が企業の経済案件を取り扱ったり、逆に、興信所が結婚調査など個人の案件を扱ったりと、その違いは非常にアイマイです。

 

探偵業法による探偵社と興信所の違い

2007年から施行された探偵業法においては、「探偵社」と興信所の明確な区分けはありません。どちらの名称を名乗っていても、探偵業法が定める業務を扱う限りは、一律に探偵業者とみなされます。

 

この探偵業法が施行される前は、1985(昭和60)年に大阪府で施行された「興信所・探偵社規制条例」があります。同条例では「興信所および探偵」という文言を使っています。探偵と興信所を並列に扱い、同じものとみなしているのです。

その一方で、2005(平成17)年に全面施行された「個人情報保護法」に伴い通達された「興信所業者が講ずべき個人情報保護のための措置の特例に関する指針」では、「探偵」という言葉は、ひとつも記載されていません。一律に興信所と定義されています。

 

ちなみに、探偵業法には「興信所」という言葉がひとつも出てきません。
どのような名称を使っていようと、「第二条に定められた業務を行うものは、一律に探偵業者」と定義されています。

 

調査手法による探偵社と興信所の違い

前述の通り、探偵のルーツである岩井三郎は、警視庁の刑事出身です。
探偵になってからも刑事時代の尾行、張り込み、聞き込み、内偵などの捜査手法が踏襲されており、それらの手法は、現在の探偵の手法にも受け継がれています。

 

それに対して、興信所のルーツは、日銀と銀行団が設立したものでした。その調査員も日銀や銀行団に勤務するビジネスマンがほとんどだったことでしょう。

彼らが調べるのは「財務指標」や「お見合い結婚をする際の相手の身元」など、当時は一般に公開されていた情報です。

 

以上のことから、探偵は身分を隠して調査をおこない、興信所は身分を明かして調査をおこなうと言われていました。

ただ、現在の探偵と興信所は、業務内容がアイマイですので、案件によって身分を明かして調査したり、身分を隠して調査したりと臨機応変です。

 

興信所だからといって、身分を明かして浮気調査をするといったことはないでしょう(念のため確認してください)。

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。