結婚の信用調査

結婚をする前に、相手の身元や身辺を調査することもあります。
ここでは、結婚の信用調査についてまとめました。

 

信用調査とは

探偵事務所は、交際相手や婚約者、採用予定者、取引相手など、特定の人物についての信用調査もおこなっています。
そのおもな調査内容は以下の通りです。

 

交際相手や婚約者について

正確な氏名・住所・生年月日を調査します。

また、離婚歴があるのか、そもそも独身なのかも調べます。
配偶者や子の有無についても調べます。

さらに結婚相手の勤務先や、お金を貸した相手の勤務先など、特定の人物の勤務先を調査します。

そして相手の親の住所、仕事内容、家族構成、経済力などについても調べます。

 

経済的な事柄について

結婚相手の借金・サラ金の有無を調べます。

収入・年収についても調査します。

探偵事務所は、結婚相手の貯金や貯蓄についても調査することができます。

 

会社や取引先企業について

企業に対して信用調査をおこないます。

新規取引先やこれから関わる企業・経営者個人に対する信用状態全般を調査します。人事・採用面においても評価します。

また、取引先企業と代表者の与信管理も調査します。

取引を予定している企業の借財状況は、財務分析(安全性)を計る目安です。代表者が個人保証で多額の借金をしている場合もあるので調査します。

 

結婚調査の歴史

昔は、お見合い結婚が主流でした。両家がお互いに釣書(身上書)を提示しあい、仲人や世話人があいだに入って、お互いの情報交換や聞き合わせなどをして、まず相手に関しての情報を把握することが一般的でした。

 

それでも家柄を重んじる富裕層を中心に、釣書(身上書)の事実確認や土地柄、素行、風評など釣書(身上書)からは見えてこない事柄を確認するために、興信所には結婚調査の依頼がありました。

 

これが興信所(探偵事務所に含まれます)が、結婚調査をおこなうルーツです。

 

結婚の信用調査においてNGな依頼

そもそも結婚調査は、昔の家制度に基き、結婚相手の家柄などを調べるといった要素が強く、そのなかには、相手の出身地や出生地などを調べるというものも含まれていました。

しかし、現在は探偵業法で、こうした出身地や出生地など、差別につながるような依頼は受けてはならないと規定されています。

結婚調査といえど、こうした差別につながる依頼については、どの探偵事務所(探偵社や興信所)でもNGとしているはずです。依頼の際は注意しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。