ストーカー調査は盗聴器発見がカギ

最近では水道調査を装っての盗聴器を仕掛ける手口や、電気調査での盗聴器を仕掛ける手口、プレゼント企画でプレゼント中に盗聴器を仕掛けておく手口など、様々な方法で家に盗聴器を潜入させる手口が出ています。

しかし、これらは全て犯罪行為であり、立派なストーカー行為ともとなります。

 

最近の盗聴器は精密な機械でできていることが多く、小さ過ぎて気がつかない場合が多いです。

そのため、ストーカー被害にあったことがある方や、現在被害にあわれている方、配偶者の異常な監視行為、芸能人や有名人の方であればファンからの異常な接近行為など少しでも不安を感じた場合は調査を行うといいでしょう。

 

最近通販サイトなどで、盗聴器発券機といったレーダー式のものがありますが、あちらはWi-Fiなどの無線電波に全て反応してしまうため、あまり当てになりません。

しっかりと調べたい方はお金がかかってしまいますが、安心して生活するためにも、探偵事務所に相談してみてはいかがでしょうか?

 

盗聴器発見調査

盗聴器の調査だけであれば、一般の調査に比べ安く済みます。

また、他の調査と違って、調査に使用する機会によって料金が左右されるので、調査力の比較は簡単にできます。

 

例えば探偵の場合ですと「調査力」を考えたときに、探偵調査員のスキルの問題が大きく影響してきます。

しかし、盗聴器発見の「調査力」は、調査を行う人によって上手か下手かというスキルの差はほとんどありません。

 

しかし、どのような機材が盗聴調査に役立つのか知っておけば、その機材を所持している探偵事務所 または興信所を選んで、盗聴調査を依頼することもできます。

そのためにも、ある程度の知識を身につけておくことをオススメします。

 

盗聴器の知識を得ておこう

盗聴器の知識というと、難しいものではありません。

探偵事務所に問い合わせてみれば、色々と教えてもらえる場合があるので、聞いてみましょう!

企業秘密なので、と言われた場合は古い機械を使っている場合が多いので、信頼性を求めるためにも、オープンに教えて貰えるところを調べてみて下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。