浮気しやすい年齢やシチュエーションが分かれば対処できる!

浮気調査を検討する人のほとんどが切羽詰まった状況で探偵事務所を訪れています。

探偵に相談するのをためらっていよいよ別れ話に発展する場合や、旦那の突然の浮気が発覚したためというのが主な理由。

 

そうなるには浮気に至るまでのパターンがあり、浮気への発展の仕方がどんなものかで変わってくるのです。

これまで依頼を受けてきた中で、浮気に陥る例を紹介していくので、パターン別に見て依頼に踏み切るかどうかを判断しましょう。

 

職場の女性と浮気関係になる

浮気のパターンで一番多いのがこれで、奥さんが旦那の浮気に気付いたときにはすでに関係ができあがっている。

職場での浮気は長期化する可能性大で、そのまま本気モードになっていくことがあります。

 

しかし、日常的に顔を合わせる浮気相手なので、それだけ連絡が密になるため証拠が出てくるのも早いといえます。

このパターンは、旦那の様子がおかしいとわかった時点で探偵に相談すべきで、浮気に関する情報を何でもいいから手に入れること。

 

そのためのアドバイスや手段を探偵側が教えてくれるので、その情報がとれてから動き出しましょう。

「旦那の様子がおかしいと分かった時点」というのがポイントですから、浮気を疑ってから「そのうち何とかなる」と放置してはダメ!

職場の浮気は短期間ですぐ関係を解消させないと、旦那も浮気相手も奥さんもドロ沼状態になっていきます。

 

年齢別に見る浮気のタイプ

仕事ができてある程度の立場になり、お金も持っていて子供にも手がかからなくなった。

結婚年数も経過していて、夫婦間には愛情はなくなっているという年齢のときは浮気に発展する可能性があります。

いわゆる働き盛りといわれる30代後半~50代前半まで。

 

仕事で出張などに出ることが多くなるため、そこでの出会いがあれば浮気になってしまいます。

若者のように自分から恋人関係を作るわけではなく、チャンスがあれば恋愛関係になるということ。

 

このパターンは偶然の出会いが、遠ざかっていた恋愛の気持ちに一気に火をつけるので、もう後戻りできない状態に。

恋をする気持ちに火がついてしまうとそのまま一気に突っ走る傾向があります。

 

浮気に気付いた時点ですぐに鎮火が必要になるので、即探偵に依頼し証拠をとってもらったほうがいいでしょう。

久しぶりの恋愛=そのまま開き直って離婚というかたちになることが多く、奥さんは離婚準備のために対処する必要があります。

財産分与、親権、養育費など、離婚条件を要求するために浮気の証拠をとっておきましょう。

 

スナックやキャバクラでの恋愛

浮気相手が職場の女性でもなく、知人・友人でもないのにどうも旦那の様子がおかしい。

そんなときは旦那さんが一方的に気持ちを寄せて、相手女性も「仕事の一環として付き合っている」場合があります。

 

このパターンで多いのがスナックのママやキャバ嬢の女性との交際。

肉体関係をもったとしても、相手の女性は「仕事も含めての交際という意味でOKしている」ことから、完全な恋愛ではありません。

 

しかし、夫婦関係に飽きてきた旦那さんが一方的に恋の楽しみを求めてスナックのママやキャバ嬢の女性に気持ちを寄せることは多くあります。

意外とあっさりと終わる関係ではあるものの、放置しておくとそのまま夫婦の愛情は完全になくなってしまうので手をうっておきましょう。

 

このパターンは離婚や相手女性への対処というよりも、「早く関係を解消させて夫婦関係に気持ちを戻すため」という意味になります。

おかしいと感じたら仕事帰りの旦那さんの様子を探ってもうらよう探偵に依頼しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。