浮気調査前の知っとくポイント 浮気調査が極秘裏に行われるワケとは

探偵事務所のホームぺージを見てみると、「秘密厳守・依頼者の味方・情報管理の徹底」といった言葉を目にします。

ここまで各社がアピールするのには大きな理由があり、それを知っておくことで浮気調査の重要性が見えてくるのです。

 

秘密厳守・情報管理の徹底

まず、浮気調査は絶対にバレてはいけないという鉄則があります。

浮気調査をしているのを旦那や浮気相手にバレたら、対策を打ってくるでしょう。

警戒し、情報をすべて隠した上で、二人で話しを合わせてしまうでしょう。

密会する場所、時間、日にちなどが隠されてしまえば、探偵事務所が動いても証拠をとることは難しくなっていきます。

 

証拠がなければ浮気の事実を証明することはできませんから、裁判上の離婚理由にあたる「配偶者に不貞行為がある」ことを立証できません。

事実がないところに、財産分与や親権、養育費の請求はできないので、手のうちようがなくなってしまうのです。

 

つまり、旦那さんと相手女性が浮気した者勝ちの状態に。

精神的な苦痛を受けた奥様は、耐えるのみということになるため、浮気調査をするときはゼッタイにバレてはいけないのです。

 

依頼者の利益を最優先

次に、一度浮気調査をして何らかの情報がとれたとします。

しかし、いざ財産分与、親権、養育費、相手への慰謝料を請求したときに、証拠能力が薄い情報だと浮気をしていないと反論される可能性もあります。

 

調停や裁判になってこうした弱点をつかれると、奥様が希望する離婚条件や慰謝料をとれないかもしれません。

そうなったとき、探偵にもう一度依頼して再調査を行う必要性がでてくるのです。

浮気調査は1回ですべてが終わるというわけではありません。

 

重要な証拠から細かい情報まで、離婚条件を有利に決めていくためには何回も調べていく必要があります。

こうなった場合に、相手に調査をしていることがバレてしまえば、情報をとることは難しくなっていくでしょう。

 

浮気の事実があるのなら、相手に対して最大限の責任追及をしていくべきです。

そのために調査を行うので、浮気調査は極秘裏に行う必要があります。

また、当然ながら浮気問題は家庭内のことですから、外部に情報が洩れればプライバシーが大きく損なわれます。

 

探偵業法によって、業務で得た情報は厳重管理することが義務づけられ、高い秘匿性を求められるのです。

探偵事務所の調査員と相談し、水面下で調査をしてもらい、密な連絡体制をとって調査プランを練りましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。