いよいよ探偵にコンタクトをとってみる!まずは無料相談から入ろう

仕事が忙しくて自分では旦那のことを調べられないという人は、やはり探偵事務所に依頼をしてみましょう。

 

数社ほど探偵事務所を絞ったら、いよいよコンタクトをとってみます。

 

まずはメールで料金などを確認し、納得がいったら探偵事務所のスタッフと面接をしてみます。

 

まずは無料相談

 

ここでいきなり契約して調査を依頼するのではなく、無料相談を利用するのがポイントです。

 

ホームぺージを見てみると、どの探偵事務所でも「相談や見積もりは無料」と書いてあるのがわかるでしょう。

 

契約する前には、必ずこの無料相談をして、契約内容を確認してからサインするのが鉄則です。

 

これまでたくさんの依頼者と面談してきましたが、浮気に関する情報を持っている人と何もなく女のカンで浮気を疑っている人の2つのパターンに分かれているのがわかりました。

 

メールや通話履歴などの具体的な情報を持っていて浮気調査に踏み切るのが普通です。

 

しかし、心配性の奥様は普段の旦那さんの様子から「ちょっとしたことで心配になり浮気を連想してしまう」ようです。

 

これは繊細な気質の女性に多く、寂しがり屋で旦那に対する依存度が高い人といえます。

 

もちろん、探偵事務所はあらゆる可能性を考えて浮気の可能性を探り調査プランを提示します。

 

そこで、無料相談が大いに役立ち、スタッフと依頼者とのあいだで綿密な打ち合わせが行われるのです。

 

まず、スタッフ側としてはできるだけ具体的な情報を持っている状態であれば調査をかける日時を絞ることができます。

 

メールやスケジュール帳などから浮気相手と会う日時を特定できるのであればその日に調査することを提案します。

 

一方で、普段の旦那さんの様子が気がかりで浮気かも?と思っている奥様には、まず具体的な情報をとることをオススメします。

 

探偵事務所側としても、調査すれば利益にはなりますが、成果の出ないような調査は勧めないということ。

 

情報はすべて伝えましょう

浮気を疑って、それを裏付けるメール・友人や知人からの連絡・通話履歴などの具体的な情報を何かしらとってくださいとアドバイスします。

 

この具体的な情報をどれだけ持っているかが調査のポイントになるので、無料相談のときは「持っている情報をすべて提示する」ことがポイントです。

 

定期的に仕事で泊りに行く、帰りが遅い、休日にどこ行っているかわからないなどの日時がわかれば、そこに調査をかけます。

 

当然、情報が何もないよりは浮気相手と会うなどの成果が得られる可能性が高くなります。

 

探偵事務所とコンタクトをとって、無料相談をするときは、情報を提示した上で調査員からのアドバイスを受けることです。

 

もうちょっと時間をかけて手がかりをつかんでから調査しましょう、この情報があればすぐ調査しても浮気の証拠がとれるでしょうなど。

 

無料相談はスタッフと依頼者が共同で浮気調査を計画する場なので、すべてを話すことが調査結果の有無につながっていきます。

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。