浮気調査、不倫調査を依頼するには何が必要か

さて、実際に浮気・不倫調査を探偵事務所に依頼しようとした場合、用意しなければならないものは?
何が必要なのでしょうか?

ここでは、浮気調査と不倫調査の際に必要となるものをまとめました。

 

浮気調査、不倫調査の対象となる人物のプロフィール

「浮気調査、不倫調査の対象となる人物」は、依頼主の妻か、もしくは夫など親族であることが多いです。それ以外の人物の調査を依頼することは可能ですが(事務所によって異なります)、調査対象の詳細なプロフィールを提出しないといけません。

探偵事務所で必要となる提出書類は、以下の通りです。

 

顔写真、全身写真

普段どのような服装をしているか分かるものを用意してください。また、身長、体格など身体的特徴が分かる全身写真も必要です。身長や体重などは写真以外にも数字を添えるとよいです。写真だけだと実際の身長よりも大きく見えてしまう人や、小さく見えてしまう人がいるからです。なお、写真は撮影した時刻や角度によって印象が大きく変わるので、複数枚用意するとよいでしょう。

 

乗用車の写真

車の車種、ナンバー、色が分かるものを用意してください。文字資料で補足してもよいでしょう。

 

勤務先の住所、電話番号

配属部署や役職まで分かると調査がはかどるでしょう。仲良くしている同僚など、人間関係も分かるとなお良いです。

 

浮気を疑われる曜日や時間帯と、日常のスケジュール

普段は何時に出勤して何時に帰宅することが多いのか、遅くなる日や普段とは違う予定が入る曜日はいつが多いのかなど、調査対象のスケジュールが分かれば、それをまとめておきましょう。
また、通勤経路や通勤方法(電車や車など)も必要になります。

出張先があやしいのであれば出張先のくわしい情報、よく立ち寄る店があれば、その店の情報をメモしていると調査の役に立ちます。

 

浮気相手のプロフィール

浮気相手が誰なのかが分かっていない場合は、必要ありませんが、もし分かっていれば探偵事務所に伝えましょう。
氏名、自宅住所、勤務先など詳細が分かればベストですが、そこまでくわしくなくてもかまいません。浮気相手のことが少しでも分かっていれば、情報をまとめておきましょう。
浮気相手の資料集めは、上述の「浮気調査、不倫調査の対象となる人物のプロフィール」を参考に、収集すると良いです。

ちなみに、TwitterやFacebookといったSNSでつながっているケースもよく見られますので、可能であれば無理のない範囲で見てみるのも良いかもしれません。

 

以上、浮気調査、不倫調査を依頼するには何が必要かをまとめました。

ここに書かれたものをある程度まとめたら、探偵事務所に調査の相談をします。

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。